2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

オンライン状態

無料ブログはココログ

改蔵@タイ

  • Image011
    ついに「かってに改蔵」タイ語版入手! といっても出版事情により7,8巻しか入手できませんでしたが。

DAIMAGO at Nippon2007

  • 2007daimago_01
    2007年世界SF大会&日本SF大会 『Nippon2007』にて活躍したDAIMAGOの雄姿です。 マスカレイドショーでは出演前に拍手を頂くといういわゆる『出オチ』までやってしまった有名キャラです(笑) というわけで世界デビューも果たしてしまいましたが、11枚目の写真のように実はボロボロですので今回でSF大会は引退です。

« 真赤な死海 | トップページ | サドなら糸色望先生 »

2007年9月 8日 (土)

人として四九がぶれている

(男塾の田沢風に)「四九=37であります!」「ばかもーん!!」

 よーやくSF大会の写真アップできました。SF大会に参加したといっても企画にはほとんど参加しないでDAIMAGOで練り歩いていたりマスカレードのステージに一分ほど立っていただけのよーな気がしますけれども。マイフォトにありますのでどーぞ見ておくんなまし。

 ところで、DAIMAGOの出撃はコレで最後にする予定。

 15年も前のロボットなのでもう本当にボロボロなんですよ。眼の点灯ギミックはSF大会に参加する度に違っていたりするとか(現在は3代目)、今回はアンテナも交換していたりとか、後ろのロケットは偽DAIMAGOとして改造したときに新たに付けられたものとか(28号と同じ)とかイロイロ改造してまいりましたが、本体の経年劣化には勝てませぬ。

 まー、暗黒星雲賞は一度取ったし、世界デビューは間違いなく果たせたでしょうし、満足満足。

« 真赤な死海 | トップページ | サドなら糸色望先生 »

コメント

ワールドコンお疲れさまでした

大活躍だったようで
9月とは言えさぞや暑かったことでしょう

…って
中の人などいない!(笑)
のでしたね

引退は寂しいですが
今の時代「引退」は復活への「プロセス」に過ぎませ(^^;
よって、再度の登場を期待しております

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人として四九がぶれている:

« 真赤な死海 | トップページ | サドなら糸色望先生 »

最近のトラックバック